HOME > アダルトチルドレンに関する参考文献

アダルトチルドレンに関する参考文献

アダルト・チルドレンという物語
アダルトチルドレンAC)という言葉を初めて知ったという方にお勧めしたい、とてもわかりやすい入門書です。
読み易く、アダルトチルドレンとは何かということから、どのように回復していけばいいかということまで、具体例を交えながら書かれています。
アダルトチルドレンという言葉を知らないだけで、実はアダルトチルドレンに当てはまるという人は、案外多いと思います。
特に思い当たることはないのに、なぜか満たされないと感じていたり、苦しいと感じていたりする人には、一度、読んでいただきたい本だと思います。
女性の視点で書かれた本ですが、男性にも読んでいただきたいと思います。

「病める家族」、その精神病理―依存の心理と自己中心の心理
「家族精神療法」について、その成り立ちや方法について書かれた、入門書とも言える読みやすい1冊です。
家族だけに責任を求めるものではありませんが、家族にスポットを当てた場合の見解という意味で、アダルトチルドレンに関する本として読めるかもしれません。
うつ病と神経症との比較についての記述がありますが、これは少し古い考え方かもしれませんので、ご注意下さい。

アダルト・チルドレンと家族―心のなかの子どもを癒す
この1冊でおおよそのことが理解できると言えるくらい、よくまとまった本になっています。
具体例を挙げながら、アダルトチルドレンと深い関係を持つ共依存や嗜癖、PTSDについても記されており、さらにアダルトチルドレンの特色などを取り上げながら、最終的には、どのように回復してゆくかについても言及しています。
それだけに内容の濃い本ですので、すらすら読めるとはいかないかもしれませんが、この内容でこれだけ読みやすい本も、珍しいのではないかと思います。
アダルトチルドレンについて、まず手っ取り早く知りたいと思った時、この1冊は過不足ない、よい本となるように思います。

アダルトチルドレンの心理学―なぜあなたは大人になりきれないのか?
具体例をたくさん挙げることで、アダルトチルドレンの輪郭を浮き彫りにしようとしている本です。
かなり具体的なので、自分にぴったり合う事例を見つけるのは難しいかもしれません。
そして、やや著者の意見が強く出ている傾向があるように思えるので、鵜呑みにはしない方がいいように思えますが、著者の意見とは、私達にとっては第三者の意見ということになりますから、読んでおいて損はない、と言えるかもしれません。
カウンセリングの持つ意味についても、少しですが触れられています。
全体的には、とても読みやすいと思います。