気分変調性障害について

気分変調性障害について

最近になって、「ニュータイプうつ」「30代うつ」「擬態うつ病」など、うつ病に、さまざまな区別をしようとする動きが出てきています。
皆さんも、これらの言葉を、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

参考文献にある、香山リカ著「仕事中だけ「うつ病」になる人たち」には、「30代うつ、甘えと自己愛の心理分析」という副題がつけられています。
うつ病の方が、このタイトルをご覧になったら、それだけで、大きなショックを受けるのではないかと、少し不安に思います。

先に、この本を読んだ、私なりの感想を書いておきます。
「たとえ仕事中だけうつ病になったとしても、その時の辛い気持ちは、紛れもなく本物です。
ですから、『この人は本当にうつ病なのか?』ということよりも、『この人は、治療を必要とするくらい辛いのか?』ということに、重点を置く必要があるように思います」

こうした観点から、以下に進めてゆきたいと思います。

まず最初に、「うつ病かどうか」についても、「治療が必要かどうか」についても、ともに診断するのは、医師の仕事だということを、繰り返しお伝えしたいと思います。
医学知識を持たない私達が、「そんなの病気じゃない」と断定してしまうのは、危険です。

少し前まで、「神経症」という言葉が、よく使われていたのは、ご存知でしょうか?
そして、「神経症は病名ではない」ということを、ご存知ですか?

精神病に分類されるのは「統合失調症」と「うつ病」の2つです。
「この2つのみが精神病であり、それ以外は精神病ではない」という学説もあるくらいです。
日本でも、「精神病と神経症は、どこが違うのか?」といった本がたくさん出版されていました。
うつ病に近い症状が出ていても、軽症と判断されれば、「抑うつ神経症」という診断がついていたのです。
抑うつ状態であるのに、うつ病ではなくて神経症である。
このように、当初から、うつ病の概念については、あいまいな点がありました。

それに加えて、うつ病が全体的に軽症化するという現象がここ十数年で起きているために、「神経症は病気ではない」と言い続けるばかりでは問題は解決しないと、広く知って欲しいという動きが出てきました。
まずは、「治療した方がいい状態です」ということを、患者さんに伝えたい。
けれど、「病気と言うほどではないけれど」という説明では、納得してもらえないかもしれない。
ということで、軽症の人を、かつてのうつ病とは区別して治療するためにも、「神経症」以外の呼び名を付けようという変化が出てきたように感じます。

ここで注目され始めた病名は、うつ病と分類されているうちの、「気分変調性障害」「気分変調症」です。
かつて「抑うつ神経症」と診断されていた人に、この病名がつけられるようになってきました。
(蛇足ながら「気分変調性障害」という名は、最近できた名前ではなく、古くから使われていました。
ただ、一般的には注目されていなかっただけです)

そして本来の問題が、ようやく出てきました。
「治療した方がいいかどうか?」です。

病名が定まらなくても、治療できるケースはたくさんあります。
例えば、頭痛もそうですね。
頭痛の根本的な原因を調べるために、検査を受ける必要が出てくるかもしれませんが、ひとまず、今の頭痛を抑えるために、頭痛薬を飲むことは、誰にでも納得できることだと思います。
こうした、病原そのものを治療するのではなく、出ている症状を緩和するためにする治療を「対処療法」といいます。
命に関わるような病気であるならともかく、そうでないならば、対処療法だけで十分なケースも、多くあります。
うつ病(かもしれない状態)に対しても、同じことが言えると思います。

私達が知りたいのは、「薬を飲めば、この状態が少しは楽になるのか? 薬を飲んだ方がいいのか?」ということです。
検査結果を待つのと同じように、診断名が付くのは、多少後になってもかまいません。
とにかく、自分が治療対象となるかどうか、それを先に教えて欲しいと思いませんか?

私はある時期、自分が「病気かどうか」を知りたくて、たまりませんでした。
「病気でないなら、あとは気合で何とかなるはず。甘えているだけなんだ」と。
医師から、「病名は、それほど重要ではないんですよ」と何度言われても納得できず、「病気だとしたら、病名は何か?」と、そのことに強くこだわっていました。

ですが、ごく最近になって、医師から、このようなことを言われました。
「あなたが病気じゃなくても、病院へ来ていいんですよ。『こんなに元気になりました!』と、健康な状態を見せに来てくれる患者さんもいるんですから」
この言葉を聞いてから、少し、気持ちが楽になりました。
そして、上記「仕事中だけ「うつ病」になる人たち」を読んで、さらに気持ちが楽になったのです。

この本の他、林公一著「擬態うつ病」という本もあります。
どちらも、本のタイトルはインパクトのあるもので、「仮病のこと?」と勘違いしてしまうかもしれません。

ですが、どちらの本も、本当に言いたいことは、同じだと思います。
「あなた自身が辛さに耐え切れないならば、治療を受けた方がいいかもしれない」ということです。
「病気ならば、治療を受けた方がいい」ではないのです。

現状でのうつ病対策は、まだ、重症のうつ病の方へ向けてのものが主流で、軽症の方へ向けての、特別な治療法が確立されているとは言えず、医療機関の早い対応も望まれます。
それが、私達の「本当は病気ではないのでは?」と疑いたくなってしまう要因の1つになっていると、言えるかもしれません。

「これを病気とするか、しないか」ということについて、今でも数多くの議論がされています。
ですがそれは、医学の進歩へ向けての研究であり、うつ病の方と直接向かい合う際には、大した意味を持ちません。
病気か病気でないかということについては、研究者の方々が結果を出すまで、私達は待っていればいいのだと思います。
そして、治療が必要だと医師に言われたならば、まずは治療を受けてみて、楽になるかどうか、試してみてはどうでしょうか。

私達は、できるだけ気持ちよく過ごせるように、医療機関を利用していいのではないでしょうか。
このように、私達に判断できないことがたくさんあるならば、専門家に聞くのが確実だと思います。

もし周囲に、「私はうつ病です」と言う人がいて、その人の振る舞いに疑問を感じてしまうならば、あなたは、その方をサポートする側の人間として、あなた自身を大切にしてみませんか?
ご自身の体調も、大切にしてあげて下さい。
サポートするのが辛く、ストレスを感じてしまうなら、それを誰かにお話して下さい。
ただし、「私はうつ病です」と言っている人にではなく、他の誰かに。
もしものことを考えると、その方に直接きついことを言ってしまうのは、危険なように思います。

あなたが病気でも、病気でなくても。
辛い時は、「辛い」と、どうかおっしゃって下さい。

治療した方がいいかどうかは、専門家の意見を聞いてみてはどうでしょうか。