うつ病に関する参考文献

ツレがうつになりまして。
ご主人がうつ病になってから、元気になるまでのエピソードをまんがで綴っています。
コミカルでたいへん読みやすく、それでいて、うつ病の特徴についてや、ご家族がうつ病になった時、心がけたことなど、要点がまとまっているので、初めて読む1冊として、たいへんお勧めできます。
うつ病になったご主人本人や、奥さまの戸惑いや、そこからの立ち直りなどがリアルに描かれています。
ただ、通院や服薬についての記載はごく少ないです。
ご本人、ご家族の頑張りはもちろんのこと、医師や薬の助けあってこその結果なのだろうと思います。
イグアナの嫁」、「その後のツレがうつになりまして。」などの続編も好評です。

軽症うつ病
うつ病の患者さん、そのご家族、職場の方に向けてのメッセージ、という印象を受けました。
病気について、あらかじめ知識がなくとも、十分理解できる、わかりやすい内容だと思います。
患者さんの心得、ご家族の心得、職場の方(主に上司)の心得なども、それぞれ何項目か述べられていて、それぞれについて詳しく説明されているので、初めて手に取る1冊としても、いいのではないでしょうか。
私は密かに笠原嘉(かさはら よみし)先生のご本を頼りにしているので、もしかしたら、贔屓目の内容が少し入ってしまっているかもしれません。

仕事中だけ「うつ病」になる人たち
ひと昔前まで、「神経症」という言葉が、よく使われていました。
神経症は、精神病の範囲ではないが、調子を崩している状態であるというのが、一つの定義となっていました。
最近、「ニュータイプうつ」という記事を雑誌で読みましたが、この本も、そのようなタイプのうつについて記載されているように思います。
そしてその特徴は、以前「神経症」の方の特徴として挙げられていたものに酷似しています。
当時、「神経症は病気ではない」という考え方からか、神経症になりやすい人について、あまりいいイメージの記載がありませんでしたが、今回、これを精神病の範疇とするかどうかについて、詳細なデータをもとに記載されています。
難しい本なので、さらっと読むと、「怠けている人のことか」と思ってしまいがちですが、実際には、下記「擬態うつ病」と同じく、詐病ではないことが強調されています。
とはいえ、典型的なうつ病人に対する接し方とは異なる方法での治療の道を探るなど、今後への足がかりとなる良書となっています。
(ただ、素人の判断は避けた方が好ましいと思います)

擬態うつ病
いわゆる、「ニュータイプうつ」という概念について、一足先に書かれ、反響を呼んだ本です。
ただ、ここに記載されている内容は、「ニュータイプではないうつ」の人が読むと、たいへんに辛く、やりきれない気持ちになるのではないかと思えます。
ご自身が詐病しているわけではない(病気のフリをしているわけではない)ことは強調されていますが、それでも、一部の人には怠けているように見えてしまうのかもしれません。
自身がうつ病であるか、それとも、ここに書かれているような擬態うつ病であるかという判断については、専門医の意見を仰ぐことをお勧めします。
ご自身で判断してしまうのは、危険なように感じます。
蛇足ながら、「擬態うつ病」という病名は、今のところ、ありません。
造語のようです。

うつ病の相談室
「Dr.林のこころと脳の相談室」というサイトを開設している、精神科医の著書です。
サイト上で定期的に、精神医療に関するQ&Aを更新していて、それらをまとめたものです。
寄せられる質問はとても多く、すべてに回答できるわけではないようですが、定期的に信頼できる情報を提供してくれるサイトとして、かなり人気があります。
具体的な質問と、それに対するわかりやすい回答が多数載せられていますので、精神医療に詳しくない方にも、読みやすい1冊となっています。
ご家族や周りの方が精神疾患に罹っているという方の質問が比較的多く、患者さんへの対処法や、病気を見分ける目安のようなものについて、特に詳しく書かれています。

うつ病の時代
古い本ではあるのですが、現在でも多く読まれており、大学などで参考書として指定されている場合もあるようなので、信頼できる1冊と言えるのではないかと思います。
ただ、やはり古いということで、現在とは考え方の異なる内容も述べられていますので、参考程度となさるのがいいかもしれません。
うつ病を背景として起こる、様々な事態について、具体例を交えて詳しく書かれています。
うつ病の方への接し方と、うつ病の予防方法とが若干混同されているように思います。
予防と治療とでは異なる点が多くありますので、この部分については、鵜呑みになさらない方がいいかと思います。

うつ病の人の気持ちがわかる本
この本で、すべて理解できるとは限りませんが、指南書として、手始めに読むのに適していると思います。
わかりやすく書いてあるので、今、うつ病と診断されている方で、「自分は、ただサボっているだけなのでは?」と思ってしまっている方がお読みになっても、きっと参考になるのではないかと思います。
最終的には個々によって違う病気ではありますが、共通項目もたくさんありますので、うつ病を身近なものと感じている方には、ぜひ読んで欲しいと思います。

「うつ」を治す
あくまで「うつ」を治すのであって、「うつ病」を治すわけではない、というところにポイントがあるように思います。
うつ病」といっても、人によって症状はまちまちです。全員にこの方法があてはまると、周りの方が思ってしまうと、患者さんご本人にとっては辛いことだろうと思うのです。
ちょっと落ち込んでうつ状態に陥ってしまった人が、気持ちを切り替えるために読む、という程度に留めておくのがお勧め……、のような気がします。うつ状態の人でさえも、落ち込みの初期(ひどく落ち込んでいる時期)に読むと、辛いような気がします。
「よし、気持ちを切り替えよう!」と思ったところで、自力ではどうにもならないのが「病気」たる所以ですよね、きっと。

うつ病をなおす
著者は、うつ病に関する本をたくさん書いていらっしゃいます。
ですから、内容もわかりやすく、最初に読む1冊として選ぶのもいいかと思います。
具体例が多く書かれているのが、印象的です。

うつ病の妻と共に
医師でもある著者が、奥さまの前では、一人の夫になってしまう。
というか、奥さまの病状によっては、看病する側も、ここまで追い詰められてしまう可能性があるのだと思いました。
義弟の気持ちも、当時こんな感じだったろうかと思うと、読むのに少し抵抗がありました。
ご家族の看病をなさっている方が読まれると、共感できる部分も多いのではないかと思います。

精神科医がうつ病になった
看護師の友人と、「患者さんの痛みや辛さを理解しようと積極的に思えるのは、挫折を味わったことのある医師ではないか」という話をしたことがあります。
医師と相性が合わないことは、残念ながら、よくあることです。
医師が、一人の患者として病気と向き合い、そこから生まれてくるものも、あるのではないでしょうか。
一読に値する本だと思います。