統合失調症の治療 ご本人

統合失調症の治療 ご本人

治ることを、信じて下さい。
統合失調症と診断された方は、時に、いろいろなことに不安を感じることがあるかと思います。
そんな時、次の項目を読むことで、少しでも落ち着くことができればと祈ります。

ご家族やご友人、親しい方々が、いきなりメンタルクリニックの受診を勧めたとしたら、「なぜ?」という疑問が出てきても、それは自然なことだと思います。
ご家族やご友人は、いきなりあなたを裏切ったりはしません。
あなたが受診、そして服薬をなさることで、ご家族やご友人は、本当に安心なさいます。
親しい方々を安心させてあげるためにも、アドバイスに耳を傾けてみませんか?

  1. あなたに通院や服薬を勧める人達は、決して、あなたに意地悪をしようとしている人達ではありません。
    人から「それは妄想だ」「あなたは病気だ」と言われることで、反発を感じていらっしゃるかもしれません。
    けれど、周りの方の言うことを、「信じたフリ」でもいいので、信じてあげて下さい。
    そして、医師の言うとおりに服薬してみて下さい。
    すぐには変わらないかもしれません。
    けれど、変わる日が来るかもしれません。
    世の中には確かに、信じられない人もたくさんいます。
    けれど少なくとも、あなたの周りにいる人達は、あなたを心から心配してくれている人達です。
    どうか、それを信じて下さい。
  2. ストレスが溜まってしまうと、体調を崩してしまうことがあります。
    あなたが、もし周りの人から不快な仕打ちをされているならば、あなたの心は疲れ、ストレスが溜まっているのではないでしょうか。
    ストレスが積もり積もると、それだけで、体調を崩してしまう場合があります。
    そんな時、あなた自身が、とても困ってしまうと思うのです。
    ストレスを軽減する、あるいは、溜まりにくいようにするという意味でも、お薬には効果があります。
    他でもない、ご自分の体です。
    どうか、ご自分で、大切に労わってあげて下さい。
  3. どうか、治療を中断しないで下さい。
    治療・服薬を中断してしまうと、それだけで、再発の危険性もたいへん高くなってしまいます。
    医療は日々進歩しています。この数年でも、かなりの進歩が見られます。
  4. ご自身の中に、「治ろうとする力」があることを、どうか信じて下さい。
    万が一、仮に治療が思うようにいかなかったとしても、統合失調症の特徴として、「自然寛解(しぜんかんかい)」というものがあります。
    つまり、自然と症状が目立たなくなるということです。
    どうか、諦めないで下さい。